FC2ブログ

年越しちゃいました

次回はサンジュオウの刀だと書いておきながら、もう4ヶ月が過ぎてしまいました。
いやはや、すいません。
サンジュオウの紹介はまた次回やります。
今回は久しぶりなので、近況報告をさせて頂きます。

去年の後半は本業が忙しくなったのですが、それプラス
ハーフアイの宣伝になれば、とfacebookページも始めまして。
何も分からないなりに色々と調べて試行錯誤を繰り返して運営しております。
結果、ブログの更新が後回しになってしまいました。

何故にfacebookページを作ったかと言いますと
ハーフアイの高島さん曰く、最近は海外の方からの問い合わせが増えているそうなんですね。
ただ、だからと言ってハーフアイが儲かっていてウハウハって訳じゃないようで。
相変わらず会社としてはギリッギリな様です。


ここでハーフアイをよく知らない方へ、少し状況説明しておきますね。

ハーフアイの商品は、ガレージキットとしての出来は非常にハイクオリティで、完成品も発売しています。
とてもとてもガレージキットとは思えない出来なのですが、そのせいで玩具やプラモデルと比べても外観上は違いがわからず、よく混同して論じられてしまいます。
ガレージキットメーカーとして、もっと良い物を!と頑張った結果、違う土俵に上げられてしまった感じで、なんだか皮肉な話です。
大手玩具メーカー等と違って、あくまで個人でやってるガレージキットメーカーですからね(笑)
超薄利多売な工場生産のマスプロ品と、少数生産な手作りのガレージキットを比べて、どうこう言うのはナンセンスだと思うのですが
見た目は同じ様に見えるけれど、本質的に違う物だよ。っていう感覚です。

例えば、街中に昔からある寿司屋さんと大手の回転寿しでは、色々と違いがあるじゃないですか。
あなたが寿司屋の大将だったとして、客に
なんでこんなに高いんだ!
回転寿しはもっと安いじゃないか!
ここも機械でパカパカ作りゃいいじゃないか!
と言われたらどう思いますか?
確かに、それはそれで一理ありますが、それには大金が必要だし、今と同じクオリティにはなりませんよ。
寿司屋だから出来る事、回転寿しだから出来る事がそれぞれあるんですよって話です。

ハーフアイは資金も規模も小さく、ちょっと転けるとすぐに倒産する崖っぷちで日々頑張っておられます。
だからこそ、1つ1つの原型を、本当に魂を込めて作っておられます。
そしてお客様の予約に一喜一憂しています。
ハーフアイの全てに喜怒哀楽が詰まっているのです。
自分にとってハーフアイに関わるというのは、凄く喜怒哀楽の詰まった濃ゆ〜いドラマにゲスト出演している感じです。
だからこそ、自分はハーフアイを応援したくなるのです。


そこで、具体的にどう応援するか?
もちろん「買う」ってのが一番直接的な応援になるのですが、自分も貧乏なので、そうそう買えません。
ハーフアイに足りない物は何か?を考えた結果、それは「宣伝」である。という答えに辿り着きました。
そしてお金をかけずに効果的に宣伝する方法を考えた結果、販促動画を作ったりするようになったのです。

その流れで更に、国内はもちろん海外への宣伝効果の高い媒体は何やろうと考えた時に出た答えの1つがfacebookページでした。
とは言え、高島さんがfacebookなどやっている時間はありません。
twitterもほとんど投稿されてませんしね。
個人的には、高島さんにはそんな事より、凄い原型をどんどん作って欲しいのです。
という事で、とりあえず夢想表現屋のfacebookページを試しに作ってみて、そこでは海外も視野に入れてハーフアイの情報を紹介して行く事にしました。
一番の難関は英訳をどうするか?だったのですが、たまたまバイト先で知り合った方が協力してくださる事になりまして!お陰様で英訳も投稿する事が出来る様になりました。
今思えば、この方と出会えた事が去年1年間で一番のサプライズというか幸運だったと思います。
H様、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。
facebookページの方は、お陰様で海外の方からも「いいね」やメッセージを頂きまして、とりあえず作った甲斐がありました。
「いいね」を下さった方々にも、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

うわ、めっちゃ長くなってしまいましたね、すいません。
最後に、これを読んでおられる方でハーフアイに興味を持った、という方がおられましたら
是非ハーフアイの商品を買って下さい!
もちろん、欲しいけど高くて買えない!!という方も大勢いらっしゃると思います。
そういう方でも、
ハーフアイの商品を見て「凄い!」と思っていただけたなら、あなたはもう立派なサポーターです。
是非「拍手」「ツイート」「いいね」「コメント」で応援に参加して下さい。
お金が無くてもハーフアイを応援する事は出来ます!!
あなたのその1クリックがハーフアイのドラマの1シーンになるのです。
お金を出すだけの購入者ではなく、一緒にハーフアイのドラマに参加しましょう。
1人でも多くの仲間と共にハーフアイを応援していけるように、願っております。
ここまで長文を読んで頂き、ありがとうございました。
では、またお会いしましょう。
関連記事
スポンサーサイト




この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Twitterでは
くだらない事もつぶやきます
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
リンク
RSSフィード

サイドバー背後固定表示テスト