FC2ブログ

グルンガストを改造した俺んガストです

ダン・オブ・サーズディを改造した阿修羅DANです

阿修羅 DANDAN, The Last Day 背面UPDAN, The Last Day 正面 6刀見栄アップ大剣1大剣4

サイバスターを改造したサイドラゴンです

カテゴリ7の固定表示スペース

カテゴリ7の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください


今日は、前回の予告通りにサイドラゴンです。

他にも色々と書きたいネタはあるんですけど、それはまた次の機会にでも。

さてさて、サイドラゴンの続きですが
今回もバラして行きながら
サイバスターの尻尾→サイドラゴンの首
を紹介したいと思います。

サイバスターの尻尾が伸びて
サイドラH24.05.17-01サイドラH24.05.17-02
口がガバッと開きます

中に関節を増やしてあるので
サイドラH24.05.17-03サイドラH24.05.17-04
首を下げたり上げたり出来ます

更にロール軸も追加してあるので
サイドラH24.05.17-05サイドラH24.05.17-06
グリングリンとひねる事も出来ます。
これでかなり表情付けが出来る様になりました。

グバァッとね
SBhead09.jpg


腰回りのスカートは特に弄ってないと思いますが
サイドラH24.05.17-07
下に写っていますフロントアーマーは、2段階にスライド出来るようにして、アームも増やして移動距離を稼いでいます。
これでサイドラゴンの首付け根とサイバスターの胸部分との段差をカバーします。
サイドラH24.05.17-13


更にバラして行きますと、胴体の中に何か入っています。
サイドラH24.05.17-08
グイッ
サイドラH24.05.17-09サイドラH24.05.17-10
グイグイッと出して来て
サイドラH24.05.17-11サイドラH24.05.17-12
よいしょよいしょと伸ばしていくと、アームになります。

このアームを、左右のふくらはぎパーツで挟み込んで、サイドラゴンの尻尾を形成します。
SBtail06.jpg
このアームが仕込めたお陰で、サイドラゴンの尻尾を上下左右に動かした状態で保持する事が出来る様になりました。

サイバスターの胴体内には元々、伸縮ギミックが仕込まれています。
そこに更にアームを収納しようってんだから、改造した当時難儀したのを覚えています。
バラして削って組んで上手くいかなくて
バラして削って組んで上手くいかなくて
バラして削って組んで上手くいかなくて
何度繰り返した事か。
それだけに、成功して「グイグイッ」と出してきて「よいしょよいしょ」と伸ばせた時はメッチャ嬉しかったです。
まさに改造の醍醐味ってやつですね。

改造とかしない人からしたら、やはりハードルは高く感じるでしょうけど。
ハーフアイの、いたる所にギミックの詰まった塊の、更に更にその隙間を狙って「しゃぶり尽くす」感じ(笑)
他では味わえない、なかなかえぇ経験が出来ますよ。



ブログのリニューアルですが、現在鋭意製作中でございます。
青色申告の勉強や自宅仕事も入ったので、もう少し時間がかかると思いますが、初見の人でも夢想表現屋を理解してもらえるようなブログを目指しております。
共有のテンプレートを改造してるんですが、やりだすと欲が出て来てキリが無い感じがします。
あまり深みにはまると完成しなくなるので、適度な所で公開しなきゃです。

さぁ次の更新時にはリニューアル出来るかなぁ?
他にも書きたいネタはあるので、それを先に書くかも?ん~それが先かな。
って、そんなたいしたネタじゃないので、期待はせんといてね。

では今日の所はここまで、オヤスミナサイ。
スポンサーサイト



イングリッシュマフィンとお花見とサイドラゴン

先日近所のSEIYUで、消費期限間近のイングリッシュマフィンが安くなってたので買ってみました。
朝マックで食べるマフィンの表面がちょっと好きでね。家でも作ってみようと言う事で
サイドラH24.04.17-01
どうっすか?なかなかえぇ感じでしょ?
見た目重視で黄身は半熟にしたので、食べる時には黄身が流れ出てちょっと凹みましたが、ベーコンの下にチーズも入ってるので、かなり美味しかったです。満足満足。
いやぁいつもは安い食パンなので、たまにはマフィンも良いですねぇ。また安かったら買っておこう。

もうかなり散ってしまいましたが、今年は桜を見る機会に非常に恵まれていました。
快晴の下、お花見でお弁当を頂く事も出来ましたし、
120412_16287E01.jpg
雨が降ったりしてもう散ってしまったかな?と思っても、意外と根強く咲いてたりして
例年よりもかなり堪能する事が出来ました。
つくしも出てますねぇ
120412_16547E01.jpg
バイトに出かける早朝も、だいぶ温かくなってきて助かります。

さてさて、サイドラゴンですが今回はスネの内部アームから
サイドラH24.04.17-02サイドラH24.04.17-03
これを折り畳む事により足を短くし、より竜っぽいバランスにする事が出来ます。
が、ここもガッタガタですね、トホホ。

バラして形を整えます。
サイドラH24.04.17-04

順にバラしながら修正して行きますが、改造してから数年経過している箇所もあり、パテが剥離してたりして色々面倒ですわ。
自分でもどう改造したのか忘れてたりしてね(笑)

お次は
サイドラH24.04.17-05サイドラH24.04.17-06
太ももの部分ですね。
前回紹介した様に、ふくらはぎの蛇腹部分を変形させて尻尾にしたものの、それをいかにして尻尾っぽい場所に移動させるか?が問題でした。
そこで、太もも部分を分割してアームを取り付け、大きく動かせる様にしてみました。
サイドラH24.04.17-07サイドラH24.04.17-08
よいしょ
サイドラH24.04.17-09サイドラH24.04.17-10
グイッと伸ばせます。
これにより尻尾の位置まで移動させる事が出来る様になりました。

今日はこの辺で。
次回は
サイバスターの尻尾?→サイドラゴンの首
から紹介したいと思います。
ではでは~

今回は久々にサイドラゴンで。

えっと、サイドラゴンの前回の更新は、と・・・
!?正月ですか!
う~ん、またもやご無沙汰になってしまいました。反省反省。

とりあえず前回の続きで、左右に分かれた尻尾の固定について改善する所から始めます。

一応1ミリ真鍮棒で固定するようにはしていたのですが、それもイマイチで。
何せ厚みが無いんで、固定のギミックも仕込めなかったんですよね。
サイドラH24.04.06-13
右の穴なんて、厚みが1.5ミリしか無い所に、1ミリの穴を開けてますね。
はっはっは、我ながら無茶な事してるなぁ。

この薄い部分は流石にどうしようも無いので、尻尾の先端なら工夫出来るかな?と。
どういう固定方法にするか考えたんですが、
かなり前に買ってず~っと使ってなかった強力磁石を試してみる事にしました。
サイドラH24.04.06-01サイドラH24.04.06-02
銀色に見えるのが磁石です。
サイドラH24.04.06-03
磁石同士は当らず、少し隙間があるのですが、それでも意外と保持力があります。
うん!これでOK!

お次ぎは全体的にボッコボコだった表面をヤスリで滑らかにして行きます。
サイドラH24.04.06-04
が、力を入れ過ぎると
サイドラH24.04.06-05
ペキッと簡単に割れます。
サイドラH24.04.06-06サイドラH24.04.06-07
ア~ッハッハッハ!!
こんな所も
サイドラH24.04.06-08
ポキッとね。

イヤ~ッハッハッハ

レジンで複製して一体化すれば、もう少し強度が出るのかなぁとも思いますが、レール部分がオーバーハングだし多分根本的に薄すぎるのが問題なので、このまま強引に押し切ってしまおうと思います。

お次ぎは、すねアーマー→尻尾の先っちょになる所ですね。
サイドラH24.04.06-09
左右に分割して、根元でネジを仕込んでクルッと回転出来る様にしてあります。
サイドラH24.04.06-10
本来、この裏はあまり見えない所なので、何もディティールは無いのですが、それでは寂しいので適当にパテを盛って溝を掘ったりしてました。
サイドラH24.04.06-11
が、やはり荒くて汚いので要修正。
サイドラH24.04.06-12
とりあえず、こんな感じで修正しております。

もう本当に終わらせないとねぇ。
え~っと、これを弄り始めてから何年経つんやろう?
発売当初からなので・・・もう4年!?
う~ん、時間掛かり過ぎですね。反省反省。
別にこれが作りたい目標って訳でも無く、スキルアップの為の練習台として始めたはずなんですが・・・
あぁもう、本当に終わらせないと。

表現したい物の夢想(イメージ)は色々と浮かんでくるんですが、
なんというか、作れるかどうか?なんて諸条件を全く無視して、見境無く出てきちゃうんですよね。
その夢想を膨らませるのは楽しいのですが、現実には実現出来るのなんて、ほんの一部だけで・・・出来なくて凹む事の方が遥かに多いのです。
どうすれば実現出来る確率を増やして行けるか?なんて事の解決方法は分かりきっているんですけどね。
まず今はとにかくサイドラゴンを終わらせたいと思います。
では、また!

新年明けましておめでとうございます。

今年も作ってる物を投稿したり、色々不満をぶつけてみたり、愚痴ってみたりすると思いますが、暖かく見守ってやって下さい。
H24用年賀状その2
今年は辰年って事で、年賀状用にサイドラゴンの写真を加工してみました。
元ネタが分からん人には龍だと分かってもらわれへんかな?(ちょっと心配)

さて、今年は正月1日から早速サイドラゴンの続きです。
サイドラH23.12.25-07
このふくらはぎ→尻尾を裏返すと
サイドラH24.01.01-01   サイドラH24.01.01-02
こんな風になっております。
段々の所でスライドして伸びて、ネジ止めの長穴で更に伸びるって感じですね。
これにより上下左右にも動かせるようになるので、尻尾の表情がつけやすくなります。
やっぱ上にクイッと上がってたり、左右にクネクネしてた方が尻尾っぽいですからね。

で、とりあえず、そういう構造には出来たものの・・・
スライドして伸びきった状態だと、ガイドピンがレールから外れて、尻尾がポロッと外れる事がしばしば。
弄くってると、なかなかイライラします。
いかに加工技術が拙いか、という事ですね。過去の俺よ・・・もうちょっとキチンと作ろうよ(泣)
このまま押し切っても良いのですが、このサイドラゴン、加工技術を向上させる為の練習台だったりするので、やはり改修しましょう!て事で。
サイドラH24.01.01-03   サイドラH24.01.01-04
レール付近にパテをモリモリ。ピンも伸ばしてみたり。
お陰様で、かなり改善されました。

次は、左右の尻尾を合わせた時の固定方法を改修したいと思います。
では、また1週間後くらいにお会いしましょう!

お久しぶりのサイドラゴンです。

 さて、お約束通り今回は久々に、サイドラゴンの作業の様子をお届けします。
 ほぼ2年がかりで自分の夢想通りに竜形態に完全変形出来るようになったのはいいのですが、改めて見ますと色々と未熟な所があちらこちらにありまして。
 「次は磨いて塗り」のつもりでしたが、これをこのまま塗ると、多分めっちゃ見栄えが悪くなるし(呪われたサイバスターっていうMy設定なので、塗装は黒にするつもりなんです、なので余計に表面の仕上がりは重要じゃないかと)
 外れ易い尻尾も問題アリなので・・・
 予定を変更して、改修作業に入る事にしました。
 とりあえず、一番荒い出来の所、尻尾から始めましょう!

 まずは後ろから見たサイバスターですね
サイドラH23.12.25-01JPG
 このふくらはぎが尻尾になるのですが、拡大してみると
サイドラH23.12.25-02
 表面ガッタガタです。
 こんな調子で、自分が加工した所は結構ひどい有様です。
 こんな大改造するのなんて初めてで、自分の中でサイドラゴンのイメージは固まってましたが、それを本当に実現出来るのか?なんの保証も無いまま、とにかく試行錯誤で作ってましたから。
 ちゃんと完全変形出来る構造を詰め込められただけでも、良しとしなきゃ。とは思うものの・・・う~ん、過去の自分よ、もうちょっと後の事も考えて作ろうね。

 変形させがてら、ふくらはぎを外しましょう。
 すねの装甲を後ろに回して、ふくらはぎをくるぶしから外します。
サイドラH23.12.25-03サイドラH23.12.25-04
 ネジを外して、ふくらはぎを摘出。
サイドラH23.12.25-05
 これが、この様に伸びるのですが。
サイドラH23.12.25-06サイドラH23.12.25-07
 伸縮用のスライド溝とピンの隙間が広い所があり、伸ばして弄ってるとすぐにポロッと外れたりして、完成当時もイラッとする箇所でした。
 とりあえず、このポロリの改修と表面を滑らかにする事から始めたいと思いますので、次回はこの辺の様子をご報告します。

 そうそう、ハーフアイ待望の新商品「完全変形ダイ・ソード」
ダイソード原型
 予約受付開始されましたね!
 自分はやはりキット版を予約しました。その方が弄り易いでしょうし、楽しめそうなので。
 う~ん、今から楽しみですね。

 では、今回はこの辺で。

Twitterでは
くだらない事もつぶやきます
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
リンク
RSSフィード

サイドバー背後固定表示テスト